RSS
Admin
Archives

節水カフェ

「節水」にまつわる情報を「節約」「エコ」「教育」「便利グッズ」などいろいろな観点からご紹介します。

プロフィール

nori11

Author:nori11
エコショップ節水村
この情報は福井県若狭地方から発信しております。

若狭地方はその昔京都・奈良が原因不明の疫病に悩まされた奈良時代、若狭の「水」を都に献上した伝説で知られています。

21世紀、再び若狭から「節水」をテーマに情報を発信していきます。

また関連サイト「エコショップ節水村」を運営し、節水グッズと雨水タンクの専門店を運営しております。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01
31
昨日、産経新聞にユニークな記事があったので紹介します。


(以下産経新聞より抜粋)
【渋谷ギャル発、農業革命!? 稲作挑戦、秋に商品化】
 アムラー、ガングロの次はノーギョー!? 若者文化の発信地、東京・渋谷で、10代後半から20代のギャルが農業の担い手となり、食料自給率アップを目指すプロジェクトが始動した。今春からファッションモデルたちとともにコメ作りに挑戦し、秋には「ギャル米」の商品化を目指す。アパレルメーカーとともに農作業に向いたおしゃれな服作りや農業体験イベントも企画。渋谷ギャル発の“農業革命”を、と意気込んでいる。

 旗振り役は「ギャル文化を社会に理解してもらおう」と活動している藤田志穂さん(23)。4年前、ギャルの動向についてのマーケティング会社を設立した「ギャル社長」だ。エコ啓発やエイズ予防といった社会貢献活動にも力を入れてきた。

 「ギャルも気軽に参加できる、イケてる農業ができないか」

 そんな発想のきっかけになったのは、食の問題について考えるうち、農業を営んでいた祖父の田畑が、休耕地となり荒れ果てていったのを思いだしたことだ。渋谷の“ギャルママ”との会話で、彼女たちが美容やファッションと同様に「食の安全」に気を配っていることも知った。

 農業再生に取り組んでみたい。そんな藤田さんに共鳴した農家の人々の協力を得て、長野県内の田んぼで田植えや稲刈りを体験する企画を練った。畑を借りて野菜作りにも挑戦する。いま、同世代のモデルやタレントらにも参加を呼び掛けている。

 藤田さんは「収穫したコメは渋谷に持ち帰り『ギャル米』としてPRしたい」と語る。自分たちで育てたコメや野菜で作ったおにぎりや料理を商品化する計画だ。「農業とのかかわりを通じて『ジャンクフードばかり食べている』といったギャルのイメージも変わってくれれば」

 ギャル向けファッション情報の発信基地になっている「渋谷109」に出店しているアパレルメーカーなどと提携して、動きやすい農作業服の開発にも取り組む。ギャルママが子供と一緒に参加できる農業体験イベントなども企画している。

 「ギャルは流行に敏感。周りの女の子が楽しく農業をやっていれば、必ず参加の輪は広がる。意識の変化が農業従事者の増加にもつながる。ギャル文化で農業革命を起こしたい」と藤田さんは意欲満々だ。

(抜粋終了)

食糧自給率の低迷、食の安全、そして雇用不安から「就農」が注目されていると聞いた事がありがすが、さすが渋谷のギャルは流行に敏感ですね!



スポンサーサイト
2009.01
26
京都新聞の昨年の記事におもしろい試みが紹介されていました!

サントリーの京都ビール工場が役目を終えた業務用の生ビールタンクを再利用。

雨水タンクに改造して長岡京市に寄贈したという試みです♪

------------------以下京都新聞より抜粋-----------------------------------------------

雨水タンクはステンレス製で、高さ1・2メートル、直径0・85メートル。容量は600リットルあり、工場で生ビールを詰めてビールレストランなどに供給する業務用タンクとして、3年ほど前まで使用されていた。
P2008102700127.jpg
 
 長岡京市は雨水タンクの普及に努めており、西山森林整備などで市の環境保全事業に協力してきたサントリーが、本来は廃棄する生ビールタンクの再利用を検討。倉庫に眠っていたタンクに、蛇口や水量メーターなどを新たにつけ、よみがえらせた。内部の洗浄に使う開口部などの部品はそのままで、工場時代の面影を残している。
 市は、寄贈されたタンクを本庁舎前に設置し、雨どいと配水管をつないだ。耐用年数は10年以上といい、尾野眞一工場長は「役目を終えたタンクがまた日の目を見てうれしい。有効に使っていただければ」と話していた。

----------------------------------------------------------------------------------------------

エコショップ節水村ではウイスキーやワインを熟成するために使用した酒樽の

再利用雨水タンクを販売しておりますが、ビールタンクの再利用とは、

私(節水村店長)も記事を見てびっくりでした♪

昨今のご時世、「リサイクル」と言う言葉が当たり前になりましたが、

「リユース」という視点も大切にしていきたいと感じました。


2009.01
23
昨年末よりはじめたいちごの水耕栽培。(ホームハイポニカ501を使用)

今日は液体肥料を補給しました。

ホームハイポニカシリーズはご覧の用なフロート(浮き)の上下により

液体肥料の補給の時期を確認することができます。

フロートの緑のラインが適正ライン。
P1230007.jpg

フロートの白いラインまで下がると液体肥料の補給が必要という仕組みです。
P1230004.jpg

栽培開始からひと月目にして、いよいよフロートラインが白まで下がりました。

今回のいちご栽培では、水耕栽培に使用する水は水道ではなく「雨水」を利用しています。

わが家の玄関に設置した雨水タンク「ウイスキー再利用雨水タンク」から

貯めていた雨水をジョーロに。(3リットルをはかるためペットボトルを使用)
P1230001.jpg

雨水3リットルに対し、液体肥料を6cc(キャップ一杯)づつ投入します。
P1230005.jpg

キットの上からこぼれないようにゆっくりと給水しました。
P1230006.jpg

少しあまったので、庭の植木(にもおすそわけ♪
P1230008.jpg


前回の記事にもありますが、ようやくイチゴの根が生え始めた段階なので

これまでは順応期間。これからは成長期間に移行しはじめた頃じゃないかと

観察して推測しています。

生長期間になれば、この液体肥料の補給頻度もあがると思います。


2009.01
17
昨年末よりはじめたいちごの水耕栽培。(ホームハイポニカ501を使用)

お正月には花を咲かせた苗には、株の中央から新芽が育ってきました♪

P1170023.jpg

根っこもこの通り♪白い新しい根がニョキニョキ育ちはじめています。

P1170017.jpg

ポット土で育った苗木は、無事にハイポニカ液肥の水耕栽培に順応してたようです♪

今回は日当たりのよい室内(無暖房)で栽培しています。

栽培開始から3週間になりますが、まだ液肥は最初のままで追加をしていません。

冬の寒さの中、いちごの苗はたくましく育っています。

2009.01
07
 深刻化する水問題に立ち向かえ
 節水は最大の省エネになる!
 水を消費者に届けるまでには膨大なエネルギーが消費されている。
 水管理技術の導入や水道管の漏れ防止で大幅な節約と省エネが可能だ!

アメリカのコロラド州で、地球資源の効果的かつ

サステイナブルな使用を促進するための研究と教育活動を行っている

非営利団体「ロッキーマウンテン研究所」が発表した論文に

興味深い内容がありましたのでご紹介します。




水道の栓をひねれば出てくる水。
この水がどうやって送られてくるかちょっと考えてみよう。
水源から取水し、消毒、濾過などの処理を経て、加圧して送配水される。
使用済みの水は、処理施設に集められ浄化処理され海や河川にかえされる。
水源の環境によっては、水供給のために消費されるエネルギーは膨大になる。
米カリフォルニア州では上下水道の処理にかかる電力は、消費電力全体の19%も占める。
インドの多くの州では消費電力の50%を占める地域もある。
電力の供給にも水は必要だ。
水力発電だけでなく、火力や原子力発電でも大量の水を使う。
節水は省エネにも繋がる。地域レベルで何が出来るかを考える必要がある!




エコショップ節水村では、水道代金をもとに節約金額の目安を計算し表示していますが

水道は最低限の公共サービスと言うこともあり、水道代金は非常に安く設定されています。

水道代金が安いことはもちろん悪いことではありませんが、実は大変なエネルギーと

コストがかかっていることは、安いが故にあまり知られていないような気がします。

エコショップ節水村では、今後もお財布にも環境にもやさしい商品を幅広く取り扱って参ります!

2009.01
01
Category : おもい
Theme : ビジネス
Genre : ビジネス
あけましておめでとうございます。

年末に栽培をはじめた「いちご」の花が咲きました♪
P1010017.jpg


エコショップ節水村は、2009年もお財布にも環境にもやさしい

選りすぐりの商品を幅広く取りそろえて参ります!

今年もよろしくお願い申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。