RSS
Admin
Archives

節水カフェ

「節水」にまつわる情報を「節約」「エコ」「教育」「便利グッズ」などいろいろな観点からご紹介します。

プロフィール

nori11

Author:nori11
エコショップ節水村
この情報は福井県若狭地方から発信しております。

若狭地方はその昔京都・奈良が原因不明の疫病に悩まされた奈良時代、若狭の「水」を都に献上した伝説で知られています。

21世紀、再び若狭から「節水」をテーマに情報を発信していきます。

また関連サイト「エコショップ節水村」を運営し、節水グッズと雨水タンクの専門店を運営しております。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09
10
Category : メディア掲載
TBSのはなまるマーケットの新コーナー

柴田理恵さんの「どっちがおトク!?マネ~得商会」の中で

「お風呂でマネ得」と題して、

お風呂にお湯をいれて身体や頭を洗う場合と

シャワーでする場合、

どちらがおトク?という内容の番組がありました!

番組をみられなかった方、さてどっちだと思います?

はなまるマーケットのホームページに詳しく記載されていますので

是非ご確認くださいね!
     ↓↓↓
「どっちがおトク!?マネ~得商会」

そして

番組の中で、シャワーを利用する場合、

節水タイプのシャワーを使うと実はこんなにおトク!

という説明がありました!

残念ながら極一部の商品の紹介でしたが

当店では、番組で取り上げられた商品だけではなく

幅広く節水シャワーならびに節水グッズを取りそろえております。

また今、大人気の雨水タンクも幅広く取りそろえています。

是非、一度遊びに来てください!

ecobanner01.jpg
うまくリンクしない場合はこちらからどうぞ!
    ↓↓↓
http://www.nissei-web.co.jp/

スポンサーサイト
2008.09
08
エコショップ節水村では、現在「雨水タンク写真コンテスト」を実施中です!

当店を巣立って行った雨水タンクが全国各地で活躍している姿をご覧になることができます!

当店で雨水タンクをご購入いただいたお客さまのうちほとんどの方が

ご自分でDIYでタンクを設置されておられます。

中にはプロもビックリな本格施工もあれば、本当にかわいらしく

素敵に設置されていらっしゃるお客さまもおられます。

こんな素敵な雨水利用を独り占めしてはもったいない!

1人でも多くの方に、お見せして知っていただきたい!

そして1人での多くの方に、雨水利用のすばらさを実感していただきたい!

そんな思いで「雨水タンク写真コンテスト」を企画しました。

    ↓↓↓詳細はこちらをどうぞ↓↓↓
  http://www.nissei-web.co.jp/site/contest.html





今日は、伊丹市の「プランター花咲おじさん」ことH・Mさまから頂いた

お写真とコメントをご紹介いたします。

contest-photo16.jpg

『省エネ、省資源という言葉を聞かない日がないほど

一般的なキャッチコピーになっていますが、

実際のところ何をどうするかという具体例は

自分で探さないと見つかりません。 

われわれの住む地域は幸いにも十分な降雨があり、

水資源に困ったことは余りありませんが

将来の気象条件がどう変わるかは解りません。

したがって水資源に対して関心を持つことは非常に大切な観念と思います。

普段の降雨を何も気にすることなくすごしておりましたが、

考え直してみると雨水をそのまま垂れ流し

何の活用もしないことは非常にもったいなく

天の恵みを無駄にしている気がしてきたのです。

神様は生命の維持に水を絶対必要とすることで

地球上の生き物を作り出しました。

その水の利用を人間が無駄に使うことによって

地球上の生命体に対して将来悪影響を与えることがあってはなりません。

このような気持ちから雨水を利用する価値を実践するべく

貴社の雨水タンク(110リットル、コタマホームダムミニ)を購入設置しました。

このタンクは一番小さな容量のタンクですので

わずか2時間程度の降雨で満タンになります。

満タンの水は10日分の庭の花などの給水量に相当します。

降雨時タンクからあふれる雨水を見て

以前にはなんとも感じなかった水に対する

もったいなさを感じるようになりました。

更にタンク内の水が少なくなると

次の降雨がいつになるか天気予報図をチェックするようにもなりました。

タンクの水がいっぱいになる喜びを感じるようにもなりました。 

自宅の庭に余裕があればもう少し大きなタンクにしたかったです。 

雨水タンクの設置と結果を機会あるたびに友人に伝えています。』



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。