RSS
Admin
Archives

節水カフェ

「節水」にまつわる情報を「節約」「エコ」「教育」「便利グッズ」などいろいろな観点からご紹介します。

プロフィール

nori11

Author:nori11
エコショップ節水村
この情報は福井県若狭地方から発信しております。

若狭地方はその昔京都・奈良が原因不明の疫病に悩まされた奈良時代、若狭の「水」を都に献上した伝説で知られています。

21世紀、再び若狭から「節水」をテーマに情報を発信していきます。

また関連サイト「エコショップ節水村」を運営し、節水グッズと雨水タンクの専門店を運営しております。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
01
Category : 取材ルポ
「雨水タンクを設置すると助成金が貰える!」

テレビ東京で20年超にわたって高い支持をいただいている番組
「レディース4」で雨水タンクが紹介されました。

番組の内容はこちらから

紹介されていたのは、当店(エコショップ節水村)で販売している、
アクアタワー200L」です。

助成金も貰えて、節水で水道代節約、地球にもやさしいエコで
いいことだらけの雨水タンク!

どんどん貯めてエコライフを送りましょう!
スポンサーサイト
2010.07
24
当店でも大変人気の高い雨水タンク【コダマ樹脂ホームダム】の

メーカー『コダマ樹脂工業株式会社』の栃木工場へ見学に行ってきました!




栃木工場は栃木県那須塩原市にあり周囲を水田かこまれ、たいへんのどかなところにありました。

R0010918.jpg

tochigi.gif

コダマ樹脂工業さんは全国に5つの工場があり、

今回お邪魔しました栃木工場ではホームダムシリーズの110Lサイズを生産されております。

当日も最終工程にあたる、検品&蛇口コックの取付などの加工作業をされていました。

写真は作業員の方が一品一品ライトで照らし、細かい傷も漏らさずチェックしていらっしゃいます。

R0010912.jpg


そしてタンクを丁寧に拭き上げ、梱包されていきます。
R0010903.jpg

機械成型のすべてオートメーション化された工場ラインを想像していましたが、

タンクの成型は大きな機械を使って作りますが、

最終工程ではこのように作業員の方々が

1品1品をすべて手作業で仕上げていらっしゃいました。

特に昨日は外気温は36度を超す猛暑の中、それでも丹念に加工しチェックされていらっしゃいました!


また工場内には品質の方針として大きく掲げられていました。

 『品質方針』
 1:顧客第一に徹し、安心・満足・信頼される品質の製品とサービスを提供する。
 1:全員参加でコスト低減に取組みより高い生産性を目指す。




雨水タンクホームダムシリーズは当店でも大変人気の高い商品でありますが

生産現場を見学させて頂いたことで、ますます自信を持ってお勧め出来る裏付けとなりました!



最後に栃木工場の木下工場長代理さま・山田品質管理課班長さまには

お忙しい中、工場概要のご説明、ならびに工場内での見学、写真撮影にご協力を頂き

心より感謝申し上げます。
R0010925.jpg








エコショップ節水村ではコダマ樹脂工業さんのホームダムシリーズを絶賛販売中です!

国内のトップレベルの技術と情熱で作られた雨水タンクです。

詳しくは以下のバナーをクリックしてください。

rwt-110.jpg

rwt-250.jpg


2008.10
23
Category : 取材ルポ
Theme : ビジネス
Genre : ビジネス
1985年に開催された「つくば万博」において

一本の苗木から13,000個ものトマトを栽培し

一躍その存在を世に知らしめた驚異の水耕栽培。

その名も「ハイポニカ農法」。

tomato.jpg

インターネットや雑誌などで多く紹介がありますが

やはり自分の目で確かめたいと思い、

大阪府高槻市内にある株式会社協和さんの

「ハイポニカ研究所」を見学させていただいて参りした。

PA220022.jpg

「ホームハイポニカ303」で約3ヶ月でここまで大きく育った

ミニトマト「ネネ」。

「1個食べてみて♪」のお言葉に遠慮なくひとつ頂戴して

その甘さにビックリでした。

このミニトマトの根っこの写真です。

ご覧の通りびっしり!!
PA220025.jpg

「ハイポニカ農法」はトマトだけじゃありません。

こちらはパプリカ!
PA220030.jpg

そして伝説?のサボテン!

研究所でもいつから栽培されているのか

分からないくらいの長老だそうです。
PA220035.jpg

他にもまだまだ栽培されていて

何枚も写真をとらせていただき

また元気な植物が発するすがすがしい

「マイナスイオン」を肌で感じさせていただきました。

それにしてもこんななり方をするミニトマト

見たことありますか?
PA220062.jpg

すずなりとは、まさにこのことですね!


このハイポニカ農法、今後起こるといわれる食糧危機の

救世主としても大変注目を浴びています。

また食の安全という観点からも有効だと思います。


エコショップ節水村ではタンクに貯水した雨水の利用法のひとつとして

このハイポニカ農法を研究して参ります。

また「ホームハイポニカ」(ハイポニカ農法栽培キット)を

エコショップ節水村で近日、販売開始予定です!


最後になりましたが、株式会社協和のハイポニカ事業部グループ長さまには

お忙しい中お時間を頂き、見学をさせていただきましたこと

こころよりお礼申し上げます。


2008.04
05
シャワーをもっと快適に!

このコンセプトのもと人気商品「イオニックCシャワー」を世に産み出したアラミック社をご紹介します。
この「イオニックCシャワー」実は大変優れもので、なんと言ってもその水流が柔らかいんです。取付た瞬間にその違いが分かります。しかも柔らかいだけではありません。水の勢いもこれまでのシャワーとは比べものにならない水圧でなんら不足はありません。これだけでも充分な気もするのですが、さらに「ビタミンCによる脱塩素効果」「微細水流によるマイナスイオン効果」
そして「50%の節水効果」と至れり尽くせりなシャワーヘッド。

今日はそのイオニックCシャワーを世に産み出した「アラミック社」を訪ねてきました。アラミック社の佐藤常務さま大久保部長(写真)さまに取材に応じていただきました。本当にありがとうございました。
P4040002.jpg


■「節水効果は結果的に後からついてきた付加価値だった!」

Q イオニックCシャワーの開発経緯とコンセプトを教えてください。
A 当社では「シャワーを快適にする」ことを目的に、水の勢い、広がり、
  水量、そして脱塩素など様々な視点から研究し、改良を重ねた結果この
  商品が出来上がりました。実は節水効果は、このような感覚的なことを
  追求した結果、実はあとからついてきた付加価値なんです。

Q 開発でご苦労されたことはなんですか?
A 散水版に開ける穴のサイズと配置、その角度などを試行錯誤し現在の形
  状になりました。

Q イオニックCシャワーの販売実績を教えてください。
A 2004年の発売開始以来、累計で約30万台程度です。

Q クレーム対応について教えてください。
A 当社ではフリーダイヤルのお客様相談窓口を設置しており、取付を始め
  商品に関するご質問に丁寧に対応しております。
  ちなみに取付に関して、お客様がどうしても出来ないとおっしゃられ、
  ホースごと当社に送って頂いて取付を完了したこともあります。

Q どのようなクレームが多いですか?
A 「イオニックCシャワー」のボディー部分はABS樹脂をつかっており、
  60度以上のお湯を通されると、ボディーが白く変色する場合があります。
  取説にも記載はしているのですが、「白くなった」というクレームは、結
  構多いです。
  熱湯を通しても白くならない素材はあるのですが、有害物質の溶出などを
  考慮し、あえて安全なABS樹脂を採用しております。

Q 昨今の水不足をどうお考えになりますか?
A 毎年時期になると「水不足」という言葉を耳にしますが、個人ひとりひ
  とりの力には限界があると思います。韓国やアメリカでは、シャワーの
  流量は毎分10リットル以下にしなさいという法規制がありますが、日
  本にはまだありません。また節水効果のあるシャワーヘッドやその他の 
  節水グッズに対して、自治体の補助金制度などもなく、今後の行政に
  よる主導を期待しています。

Q 韓国やアメリカのお話しが出ましたが、世界への展開をお考えですか?
A 実際に輸出の実績や引き合いなどもあり諸外国の関心は高いと感じてい
  ます。ただアジアに関しては偽物の対応に苦慮しているところです。

Q 最後に今後の商品開発のコンセプトを教えてください。
A 「節水機能」は当社にとっては当たり前の事。さらに付加価値をつける
  ことがそのコンセプトとなるでしょう。


(取材後の感想)
今回、初めてアラミック社を訪問させて頂き、佐藤常務さまや大久保部長さまとも初対面だったのですが、ご両人の誠実で穏やかなお人柄に、アラミック社さん全体の雰囲気を感じさせてただいた気がします。
今後ますますのご発展と、すばらしい商品の開発を期待したいと思います。



追記!

「エコショップ節水村」でイオニックCシャワーを絶賛販売中です!
くわしくはこちらからどうぞ。
main.jpeg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。